羽賀がまりモン

高齢化が進むにつれて、関節痛や関節炎に対して関心が高まっている傾向にあります。
そんな関節のトラブルの中でも、変形性関節症は特に深刻な問題となっています。

長い年月酷使してしまった膝や肘などの関節にそんざいする、軟骨が擦り切れてしまった結果、消滅してしまった状態になったことを変形性関節症と言います。
変形性関節症になると骨と骨が直接ぶつかることになり、激しい痛みが伴うようになってしまいます。

ダイエットや筋力維持などで関節への負担を減らすことが、治療法として効果的だと言われています。

また症状が重い場合、人工関節に交換する必要が生じてしまうなど、かなり大掛かりなオペをしなければいけないこともあるのです。

こうした手術は体にも負担がかかりますし、失敗するリスクもゼロではありません。
ですから、できれば避けたいと考えるのが一般的ですよね。

このように関節痛に悩む人に人気があるのがグルコサミンです。
グルコサミンはグルコースにアミノ酸の一種である、アミノ基が付属している糖の一種で、ヒューマンの皮膚や軟骨などにもペプチドグリカン、糖たんぱく質として配合されている事が多いらしいよ。
そのグルコサミンがすっげー売れているっていうのは、軟骨をつくって、すり減ってちっぽけになってしまった俺の軟骨を再生するからでしょう。

この働きによって、関節炎や関節痛が軽減されるのではと期待されているのです。

グルコサミンはヨーロッパで伝統的に関節痛に効く薬とされていました。
そして1960年代のドイツとイタリアでの実験で本格的に効果が検証されました。
1982年には、ポルトガルで変形性関節症の症状を緩和する効果があるという事が検証されたのです。
いろいろなる成分の中でも、グルコサミンは新しい部類に入る成分と言えます。

このグルコサミンに加えて、保水能力の高いヒアルロン酸や、グルコサミンの摂取を助けてくれるコンドロイチンを同時に摂取することで、さらなる相乗効果を生み出すことができると評価されているのです。
最近のサプリメントでは、これらの成分が同時に摂取できるものも発売されています。
痛散湯
興味を持たれた方はぜひチャレンジされると良いよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ