45歳からのしみ、美白対策

30代のところまではとにかくシミやそばかすを気にしたことはありませんでした。
それまでちびっこと共に公園へ出掛けたり、幼稚園への送迎など養育に追われて全く美白は感じ取る余地がなかったのですが、40金中程になってはからずも自分の面持ちを鏡で見
た時間、それまでの無防備さのはめ込みが回ってきたのか、頬骨の高い所にそばかすがたくさんできていることに気づきました。
子育てはちびっこの仲よしや母体後押したちの助っ人から飛びたくない一心で、公園やお仲よしとの発進に面々連れていったりして、あまりシミ防護や美白に関して考えたことはありませんでした。
通常時間に追われていたこともあり、洗浄後に普通の化粧水やクリームをつけて、シミ防護と言えば唯一紫外線引き下げ効果のあるBBクリームを塗っていた企業ほどでした。
目下思えば、帽子をかぶったり、クリームなどを選んだりなど惜しくも丁寧に美白やシミ防護に関して考えていればよかったといった後悔してある。
45年代くらいのところから、大きくなってしまったシミや頬に増えてしまったそばかすをこれ以上増やさないために、紫外線が著しい時はサンバイザーを置き、太陽よけのために手袋を垂らしたり、紫外線効果の高いファンデーションを使ったりするようになりました。
一段と洗浄後にはホワイトニング効果のあるクリームを使ったりするようにもなりました。
また、フルーツや野菜タイプなどビタミンタイプをたくさん食するようにして、体の中からシミやり方ができるように食事の内容にも気を付けるようにもしてある。
スゴイ大きいシミが二つできてしまったところには、スポット的にやり方を取ろうと、小林製薬の「ケシミン クリーム」を塗りました。
だがこれはゼロか月ほど使ったのですがとりわけ効果は感じられなかったので、利用をやめてしまいました。
その後はカネボウの「フレッシェル ホワイトニング ジェル」を洗浄後に使うようになりましたが、これは本当にユーザビリティがさっぱりしていて肌への普及も美しく、べたつかないので絶えず愛用してある。
こういうフレッシェルのジェルは、使用して2~3か月ほどで心なしか肌が明るくなったような感じがして、化粧の上がりが良くなるので至って愛する。

キミエホワイトプラス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ